寝屋川市の交通事故相談

交通事故で悩んでる人は行政書士に任せて下さい。

「えっ、行政書士も交通事故を解決してくれるの?被害者の味方になってくれるの?」と思っていませんか、そうなんです、

交通事故で悩んでる人に対応するのは弁護士だけではないんです。

行政書士も国家資格者であり、交通事故業務サポートを行うことができるんです。

あなた(被害者)は、交通事故にあわれて以下の御経験はないですか?

   「弁護士に相談したけど、何らかの理由で断られた。」

   「費用の面でどうしても依頼できなかった。」

   「近隣に弁護士がいない。」

   「保険会社の提示してきた金額に納得できない。」

といったような場合、被害者は一人で悩んでいるのではないでしょうか。

交通事故は短期間で解決する事故もあれば、人身事故では超期間かかることもあります。被害者は交通事故によるケガで肉体的・精神的に苦しめられたうえに、示談交渉などでますます苦しめられます。次第にストレスが溜まって疲労困憊していきます。

そんなときに交通事故の相談や書類作成、サポートなどの業務を通じて被害者を支えること、単に業務上だけでなく、長い戦いをバックアップしていくのが行政書士なのです。

 

 

こんな被害者は行政書士に頼んではいかがですか?

一人で交通事故で悩んでいる方もうやだ〜(悲しい顔)

交通事故の被害者が、一人で奮闘努力して納得行く解決をしている被害者はいます。しかし、被害者全員が頑張れるとは限りません。”交通事故の種類はいろいろ、被害者もいろいろ”なのです。まず、被害者の性格や仕事などにより交通事故の事を考える余裕がなく頑張れない人はいます。実際、この頑張れない人の方が多いのです、頑張れなくて不満のままに、一見納得したかのように見える解決をしている被害者もいます。まずは、一人で悩まないで、交通事故に詳しい人や、友達に相談してみてはどうですか、良いアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

 

加害者、損害保険会社の結果に疑問をもたない方がく〜(落胆した顔)

交通事故にあわれた方は、たいていは損害保険会社まかせにしていませんか、「交通事故のプロの損害保険会社の提示なのだから、妥当な金額なのだろう、これで示談にします。」と損害保険会社から提示された示談内容に何の疑問を持つことなく解決されていませんか?もう一度、整理して考えると、疑問点があるかもしれません、少しでも、疑問点が出てくれば、相談してみてください。

 

もっと損害賠償金の増額を目指す方

交通事故にあったとしても結局はお金で解決することになります。お金以外に体をもとどおりにしてほしい等、肉体的・精神的に補償することは不可能なことがほとんどです、軽微な事故であれ、交通事故にあう被害者は、悩み苦しむ人も少なくありません、被害者はそれに加え、傷害を負った状況ですから”できる限りたくさん損害賠償金をもらいたい”と考えてもいいのではないでしょうか。

それにしても、「こんなもんだろう」、「これでいい」、「仕方がない」などと、あっさり交通事故を終わらせてしまう被害者が多いことでしょうか、行政書士が交通事故の被害者の損害賠償金アップを応援します。

 

行政書士が受ける交通事故被害者の相談事例とそのメリット

「事故を起こしてしまった!さあ、どうしよう?」まず考えるのが保険会社に任せることや、弁護士に依頼しようと考える方が多いのではないでしょうか、そこで行政書士が被害者の味方になってくれるなんて思いつく方は、ほとんどいないでしょう。少しでも行政書士が交通事故の相談にのってもらえることを知っていたら、被害者の納得のいく解決ができたのかも知れません。

これを読んでいるとすれば、すでに行政書士が交通事故の相談にのってくれることを知り得たでしょう、ただ、行政書士が被害者の為に行う交通事故の相談や依頼とは、どういったことがあるのか知りたい方の為にいくつか具体的事例を掲載します。

 

1 加害者・損害保険会社側が提示する損害賠償金額に不満なとき

相手方保険会社は自賠責保険基準や任意保険基準で損害の算定を提示することがあるので、それを正当な金額(裁判基準)で算定することにより賠償金の増額になるケースがある。

2 提示された損害賠償金額が本当に妥当な金額なのかどうか知りたいとき

まず相手方と交渉するのに正当な金額がいくらなのかを知っているだけで納得の行く損害額になるケースもある。 

 

3 後遺障害の認定申請や認定結果に対する異議申し立てを行うとき

後遺障害認定結果が非該当であった又は思ったより低い等級であったなど様々な不満がある。その不満を口頭で伝えたとしても何の意味も無い、やはり根拠のある書面で訴えなければならない。そこで経験や知識のある行政書士に頼むことによって良い結果になるケースがある。

4 自賠責保険請求手続や仮渡金、内払金手続をしてもらいたいとき

自賠責保険請求手続きには被害者請求(被害者自身で書類を揃えたり作成もする)請求や加害者請求(加害者自身で書類を揃えたり作成もする)がある、意外と手間のかかる作業であるので行政書士依頼されることにより手続きがスムーズに行える。

 

        ご 相 談 は こ ち ら →

          (上記以外のご相談も承ります。)